パチンコ 屋 顔 認証 システム

パチンコ 屋 顔 認証 システム

 その何か、とは、未だ目覚めぬ、そして永遠に目覚めることはない、たった今、召喚したばかりの勇者だ

周囲の血の臭いが更に濃くなった

嗅覚も元に戻ってきたのかしらね

それにしても、今回の勇者は『鑑定』も『人物解析』も使わなかったから名前さえわかんないや

あなたも好きかも:30パイ スロット 6号機
「死にましたな…………

殿下、精霊と契約を」「キャハハ、光と闇、両方の精霊を得られれば、ボクがグリテンの王になっても誰も文句を言わないぞ! そうだな? マッコーキンデール!」「その通りです、殿下」 マッコーが肯定するけど、心の中で舌を出しているのがまるわかり

あなたも好きかも:まどか マギカ パチンコ ほむらバージョン
口調とは裏腹に、マッコーはシャロンに傅いているわけでも敬っているわけでもない

それなりにシビアな人間関係に揉まれてきただろうシャロンが、マッコーの機微を察知していないわけはないと思うんだけど、気にしてる素振りがない

興奮していて気づけないでいるのか、単に感性が鈍いのか、薬で操縦されているのか

「おい、闇精霊! このまま存在が消えてしまうのは嫌だろう? ボクが契約してやる! ボクに従え!」《………………?》 闇精霊は、『バカじゃねーの?』と一蹴した

呆れたぜ、と周囲の精霊を介して伝わってくるのが面白い

《ダークよ、妾は契約したぞよ?》《……………………?》 光精霊よ、お前バカだろ? と闇精霊が意思を伝えた

どうも最上級闇精霊は寡黙で皮肉屋っぽいわね

でもまあ、シャロンの物言いには普通に呆れると思うし、バカにされても仕方がない

《面倒だわ