パチスロ ミルキィホームズ 天井

パチスロ ミルキィホームズ 天井

それを成す

そう本気で信じているようだった

その根拠を聞くまでもないだろう

真理は、そして文だって小百合がその根拠がどこから来ているのか予測できる

だが真理はそれを聞かずにはいられなかった

あなたも好きかも:マルハン 池袋 スロット
「・・・根拠は?」「勘だ」いつも通り過ぎるやり取りに真理はそれ以上何も言う気が無くなったのか大きくため息をついて康太を部屋の隅に横にし、その表情を見る

苦悶の表情と共に、時折助けを乞い、どこかの誰かに懇願するような声を出している康太を見て真理は歯噛みする

自分には今何もできない

あなたも好きかも:カイジ4 スロット 天井
康太のために、弟弟子のために何かをしてやることができない

その歯がゆさが真理の自責の念を強めていた

あなたも好きかも:カジノ 棒
真理は康太の額の汗をハンカチで拭うと小百合の方を睨む

「もしビーに何かあれば・・・私は師匠を恨みますよ?」「好きにしろ

そうはならん」「それも勘ですか?」「いや、私は・・・私たちはこいつをそんなに軟に鍛えたつもりはない」私達

康太を鍛えたのは自分だけではないという事を小百合は重々承知している

康太は良くも悪くも多くの人間に指導されてきた