パチンコ 米沢 ニラク

パチンコ 米沢 ニラク

 色々な街には寄っているが、やはり主力という存在の残り人数的にあまり寄れる機会が無くなったと考えるのが妥当だろう

「おはよう

あなたも好きかも:スロット 30分 回転数
レイ、フォンセ、リヤン」「おはよー

あなたも好きかも:桜区 パチンコ 換金率
ライ、フォンセ、リヤン」「挨拶、ご苦労

ライ、レイ、リヤン」「……

おはよう……

ライ、レイ、フォンセ」 一先ず目覚めた四人は常例通り挨拶を交わす

今日はそれなりの目覚めらしく、あまり眠そうな雰囲気ではなかった

 しかし夢の内容は何時ものように、何時も以上に気に掛けている様子

四人はそそくさとある程度の支度をし、エマも居る外に出た

「やあ、おはよう

ライ、レイ、フォンセ、リヤン

あなたも好きかも:札幌 麻布 パチンコ
……ふむ、その様子、久々に夢を見たみたいだな?」「ハハ、もう分かったか

ああ、取り敢えずおはよう、エマ」「おはよー

エマ!」「挨拶ご苦労、エマ」「……

おはよう……エマ」 エマは挨拶と同時にライたちの様子から大凡《おおよそ》の事を推察した

何処と無く寂しい夢ではあったが、気分自体は悪くないライたちは明るく挨拶を返す

 何はともあれ、何時ものようにライたちは朝食の準備に取り掛かった

そして物の数分で終わらせ、簡易的なテーブルや椅子などを造ってそれに座る