コナミホールディングス ビデオゲーム

コナミホールディングス ビデオゲーム

対してそちらは?何かこちらに提供できるものはあるのか?」康太が魔術師グループたちに視線と言葉を向けると、全員が一体何をという動作をして見せた

わかりやすく言ってしまえば大きく動揺した

あなたも好きかも:ギルティクラウン スロット 朝一
「な、何で俺たちがお前らのためにそんなことをしなきゃいけないんだ・・・」「立場が分かってないな

この人とお前達が対等な立場だとでも思ってたのか?この人は何時でもお前達を追い出せる

でもお前達はこちらに何かできるわけでもない

勝手にそっちが縄張りに入ってきて今まで殺されなかっただけましってもんだろ?」「そ・・・それが嫌なら条件を出せよ

あなたも好きかも:ドラクエ 10 カジノ 稼ぎ方
交渉のテーブルくらいにはつかせろ!その権利くらいあるだろ!」「いつまで勘違いしてるんだ?これは交渉じゃない、命令・・・いや脅迫の方がいいかな?お前達に拒否権はない

文句を言う権利もない

あなたも好きかも:やじきた スロット 天狗
仮にあったとしてもそんなものを聞く道理も理由もこちらにはない

そうでしょう?」「・・・まったくだ、何度も出ていけと言っている

これ以上待つつもりはない」奏としてはこれ以上ない程の話の流れなのだろう

先程までの殺気を収め康太に視線を向けた後魔術師たちににらみを利かせていた

「じゃ・・・じゃあ、俺たちが何か・・・提供できるものがあれば、この場所を使ってもいいのか?」その言葉に康太は薄く笑みを浮かべる

出ていかなくてもいい、奏に利益があり彼女自身がそれを納得できるのであればそれで十分

奏はやり手だ

相手より立場が上の交渉なら自分よりもずっと上手く交渉できるだろう

ただ心配なのは目障りだという風に切り捨てないかという点だ

こればかりは彼女の思考次第でどうとでも変わってしまう