スロット 白川さん

スロット 白川さん

あなたも好きかも:笑ゥせぇるすまん スロット やめどき
家族を守るための大切な技術だからって」 まぁ噛み砕いてはいるけれど、概ねそうおっしゃったに等しい

あなたも好きかも:パチンコ 3g
 俺の言葉で、騎士らだけでなく、人足らも高揚したよう

おっしゃ頑張るぞー! おー! といった掛け声が上がり、休憩は終わりと相成った

あなたも好きかも:等価 パチンコ店 東京
 そんな彼らを見送って、俺も席を立つ

 小一時間……と、言っていたけれど……もう過ぎたよな?「クロード、すまないが、サヤを迎えに一旦戻ろうと思う……」 そんな風に話していたら、土建組合長がこちらに小走りでやって来た

「若様、今日の作業は切り上げます

若様もすぐにお戻りください」「え……どうした?」「天候が不穏なんですよ

 鼻のきく奴が、小一時間ほどで降り出しそうだって言うんで、これから急いで道具を片付けて宿舎へ戻ります

 通り雨ならば二時間ほどで止むと思うんですが……」「……分かった、ありがとう」 空を見上げてみれば、まだ雲はさほど立ち込めておらず、降り出しそうな雰囲気は無いに等しい……

 けれど……こういったことは、当てる奴は当てる……

例えば古傷が痛むとか、匂いがするとか……

土建組合長が、貴族の混じる現場で、ああもはっきりと判断を下したというのは、当然そう言った者の的中率を信用しているからだろう

 今、麦畑は収穫と乾燥の真っ只中だ……

 雨が掛かってしまえば、当然影響が出るし、品質だって落ちかねない……

 作業切り上げて避難しようとする雨が、ぱらつく程度とは思えない……

この空模様であるのに、そういった者が嗅ぎとれる予兆がある……きっと凄い土砂降りになるはずだ

「ハイン! 村人に…………っあ、ハインもいないのか……」 バタバタと人足たちが慌ただしく動き出し、彼らの一人に村への知らせに走ってもらおうかと考えたけれど……止めた