犬夜叉 スペック パチンコ

犬夜叉 スペック パチンコ

……まぁ、俺の下半身との謎の死闘も人の役に立ったならいいわ……

と脱力しながら、サーニャの手を引いて俺もマイカの後を追った

屋敷に近づくと、執事服を着た壮年の小奇麗な男が、アルデハイトに近寄ってきて、話し込みだした

アルデハイトは男に俺を指し示す

あなたも好きかも:矢部あや パチンコ
するとすぐに彼は駆け寄ってきて、俺に土下座した

「長い間、お待ちしておりました!! タカユキ様!!!」大きな声で言われた俺は、「いや……土下座されるほどのものではないんですけど」と男の手を取って、立ち上がらせ顔を見て驚く

泣いているのだ

声を出さない男泣きと言うやつだ

あなたも好きかも:野球 賭博 やり方
大人が泣くのに慣れていない俺は、戸惑う

「……中……入ろう……」マイカが男に向かってそう言い、サーニャがサッと男に肩を貸す

俺は分けが分からないまま、屋敷の扉を開けたアルデハイトについていく

俺たちが入ると、通りがかった若いメイドが一瞬、口を抑えて、そして気絶した

あなたも好きかも:スロット 餓狼 伝説
「……??」「死んだと思われていたんでしょう」とアルデハイトはケラケラと笑いながら気にせずに二階に上がっていく

サーニャが泣き止んだ男と共にメイドを介抱して俺とマイカは、彼女等に後を頼んで、アルデハイトに続く

そして大きな扉を開ける

中は大きな書斎になっていて、その中で椅子に座って分厚い本を読んでいた頭巾を被った"知識のモーラ"がこちらも見ずに「すいません

読書中なので

入るならノックはしてください」と言ってから、ジッと見つめる俺達三人に気付いて本を投げ捨てて、椅子から飛び上がる

「だっだだだだだだだ旦那!!!!」カウント四人目