戦乱カグラ パチンコ 甘 保留

戦乱カグラ パチンコ 甘 保留

あなたも好きかも:台湾 スロット 日本人禁止
もしかしたらこれ、ディノのリボンとお揃いの色合いでしょうか」視線を下げたネアに、銀狐は得意げに頷いていた

「素材違いで、ディノとお揃いの色を買ってくれたのですね!」喜んだネアが狐を膝の上に乗せたので、僕は慌てて止めようとした

あなたも好きかも:アリア aa パチンコ 一撃
もしあの人間嫌いの魔物なら、人間のネアは何をされるかわからない

「………大丈夫だよ」「ディノ、」そんな僕を止めたのは、ディノだった

びっくりして振り返れば、少し複雑そうな顔で薄く苦笑する

あなたも好きかも:スロット 猪木 伝説マウンテン
「あれはもう大丈夫だ」「………ネアは危なくないの?」「守護を与えているくらいだからね」「グラストも?」「君の歌乞いのことも気に入っているようだよ

優しいと喜んでいたから、危害は加えないだろう」「………ならいいけど、グラストは渡さない」王が音の壁を作ってくれていたのか、ネアと銀狐はこちらの会話を聞いてはいなかったようだ

しかし、狐がちらりと僕を見たので、何を話していたのかはわかったのかもしれない

僕は自分も狐姿で出会っているだけに、この魔物には絶対グラストを渡すものかと精一杯睨もうとしたのだけど、その狐はネアの膝の上で涙目で震えているところだった

どうやら、僕の気が逸れた瞬間にネアに何か言われてしまったみたいだ

「そんな目をしても駄目です!タルトは私のものですよ!!こらっ!床に転がって暴れても差し上げません

このようなタルトは丸ごと一個食べてこそ良さがわかるので、一口以上渡すわけにはいきません!」「ネア、どうしたの?」「ゼノ、この強欲な狐めが、一口貰ったタルトに味をしめて、もっと寄越せと駄々をこね始めたのです」「許しちゃ駄目だよ」「はい

甘やかすつもりはありません