南 本厚木 パチンコ

南 本厚木 パチンコ

でも、ね

…例え命が失われてもフェイを守ってくれる貴方には感謝しているわ

今は亡き北条真哉のルーンだけが遺されて、フェイの身を守る武器として存在しているからよ

…貴方もフェイの傍に居たかったの?分からないなりに考えながら、フェイの左手にラングリッサーを持たせてみる

あなたも好きかも:サンダーvボルト スロット
…ふふっ

…私と貴方の二人でフェイを守るのも悪くないわね

そんなふうに思いつつ、再びフェイの右手を握り締めたその瞬間に

『パアアアアアアアアッ!!!!!』と、突如としてラングリッサーが光り輝いたのよ

あなたも好きかも:日栄興業株式会社 パチンコ
…えっ?ラングリッサーがまばゆいほどの光を放つと同時に、急速に魔力が供給される感覚を感じたわ

…う、嘘でしょっ?…何が!?…何が起きてるのっ!?瞬間的に回復していく魔力は僅か数秒でフェイと私の総量の上限にまで達したわ

…どうしてっ!?驚き戸惑いながらもラングリッサーに視線を向けてみたところでフェイが目覚めたみたい

あなたも好きかも:旋風の用心棒 スロット 中段チェリー
「…くっ…!」意識を取り戻して目覚めるフェイの声を聞き取った私は即座にフェイに視線を戻したわ

「フェイ…?」「…マリアか

」戸惑いながらも呼び掛けてみたことで、フェイは瞳を開いて私の名を呼んでくれたのよ

状況が分からずに戸惑う様子のフェイだけど

それでも目覚めてくれたことが嬉しくて全力で抱き着いてしまったわ

「フェイっ!心配してたのよっ!ずっと、ずっと…っ!!」フェイが目覚めた事を喜びながらフェイの体を抱きしめる

そんな私を受け止めながら、フェイはゆっくりと体を起こしたわ

そして、ラングリッサーに視線を向けたのよ