パチンコ マスコット

パチンコ マスコット

「気持ちが弛んでいるんじゃなくて? 以前のあなただったら、周りなんて気にもせずに真っ先にお馬鹿のところへ戻っていたはずよ」 目が責めるように睨んでいる――

あなたも好きかも:ミルキィホームズ スロット 消えた 天井
 答えをもらえず女子が横から怪訝に見上げる中、反町は脱力気味にため息を吐いた

「そりゃそうしたかったけど

あなたも好きかも:リゼロ パチンコ 評価
でも、これからだっていろいろと付き合いは増えるんだし、今日断っても、またいつどうなるか」「あらあら

自己防衛に走る男の言い訳ってみっともないこと

はっきり言えばいいのよ、遊びたいんだ、って」 そっぽ向いて呆れ肩を竦める様子がまるで馬鹿にしているようだ

 反町はムカッと眉をつり上げて反論のため「あのな」と口を開けたが、「反町ぃ?」と気怠く名を呼ぶ声が聞こえて振り返った

数名の男女がのんびりと近寄ってくる

「何してるんだよぉ? おっせぇ」 飲み物を待ちきれなかったのか、拗ねた表情の男子を先頭に傍で立ち止まられた反町は「また面倒なことに」とがっくりと肩を落とした

勉強仲間だろう

 真琴は真琴で「これは更におもしろくなってきた」と、彼の状況を知らない男女にニッコリと笑い掛けた

あなたも好きかも:バカラ ルール ペア
「大学のお友だち? こんばんは」 白々しく愛想よく挨拶をする真琴に、彼らはキョトンとして目を見合わせた