スロット 7 目押し

スロット 7 目押し

 パキ……と、小枝の折れる音が響いた

 音のした方に視線をやると、俺たちの通ってきた木々の間から、ローシェンナがこちらを見ていた

 多分わざと音を立てたのだろう

ここにいることを、俺に知らせるために……

「盛大にやりあったもんねぇ」 開口一番にそう言われ、やっぱり見られてたのかと思う……

あなたも好きかも:パチンコ うち こ 求人 大阪
 いくらなんでも、本気で二人きりにしてくれるはずはない

あなたも好きかも:オンラインゲーム 史上 に残る大事件ランキング
 何より、誰も俺たちを探しに来なかった……

結構長い間、ここでこうしていると思うのに

 森は、獣人である彼らの領域だ

サヤの耳が良いことだって承知しているのだし、こちらに存在を悟らせずに警護するくらいのこと、朝飯前にやってのけるだろう

「安心なさいなぁ

ジェイドとアイル以外は近付かないように言ってあったからねぇ」「仕組まれていたのだから、それくらいの準備はしてあるのだろうと思ってましたけどね」 そんな風に憎まれ口を叩いてみたけれど、恥ずかしいものは恥ずかしい……

 だってそれ、ローシェンナだけじゃなく、他の二人にも見られていたかもしれないってことだよな……

良かった、サヤが寝ていて

彼女が起きてたら、恥辱で混乱して憤死しそうだもの

「でも結局やめちゃったのねぇ」「……元から、最後までする気は無かったよ……」 言い訳がましく弁明

 ちょっと頭に血が上って、売り言葉に買い言葉