北斗の拳 世紀末救世主伝説 スロット 設置店

北斗の拳 世紀末救世主伝説 スロット 設置店

 ミリュウは、わかりやすい

彼女はなぜか、セツナのことを第一に考えている節がある

あなたも好きかも:まどマギ 叛逆 パチンコ やめどき
セツナ以外は二の次で、だからレムと激突しやすいようだ

ファリアもまあ、わかる

彼女は使命を最優先事項としていたが、その使命が失われたいま、仕事を一番に考えるようになったらしい

ルウファも似たようなものだが、彼の場合、仕事というよりは王家への忠誠心のほうが強く、深い

そこに家族や、恋人であるエミル=リジルのことが入り込んでくるようだ

 では、自分はどうなのか

 ふと考えるが、結局のところ、自分にはなにもない、というところに落ち着くのが虚しさを呼んだ

「わたくしも、ご主人様に見惚れていましたのでございますよ」「へえ」「あなたが皇魔を殺戮する様は、死神よりも死神らしくてね」「死神だって、あんなに殺しはしないかもな」 セツナは、自嘲気味に笑った

あなたも好きかも:駅前 パチンコ屋 なぜ
うんざりするほど殺している

人も魔も、飽きるくらいに殺しているのだ

これからも殺し続けるだろう

あなたも好きかも:スロット アラジン ゾーン
ガンディアがその覇道を止めない限り、セツナの命が失われない限り、燃え尽きてしまわない限り

 レムは、そんなセツナの反応が気に入らなかったようだ