パチンコ ホワイトアルバム

パチンコ ホワイトアルバム

あなたも好きかも:清水区 パチンコ店
およそ2万のアストリア軍に対してこちらは1万

あなたも好きかも:鬼武者 スロット 高設定 グラフ
単純な戦力では半分なのだが、必死に戦い続ける共和国軍でも互角の戦いを維持するのが精一杯になってしまっている

「このままではまずいな…」戦況は互角でも、流れが互角とは言い難いからだ

すでに私も劣勢には気付いている

アストリア軍はこちらの戦力を削り取ることを優先として長期戦に持ち込もうとしているようだからな

もしもアストリア側の目論見通りに進んでしまったなら、残り数時間でこちらの魔力は底をついてしまうだろう

そうなれば攻撃の手段は失われてしまうことになる

あなたも好きかも:武蔵野市 パチンコ 優良店
互角の現状から一気に全滅の可能性が出てくるということだ

「長期戦は不利だ

何とか短期決戦で挑まなければ…」呟いた瞬間に、最悪の知らせが届いた

「司令官!!」慌てて駆け寄ってきたのは国境警備隊の隊員だな

「どうした?」伝令担当の兵士に視線を向けて問い掛ける

「何かあったのか?」「それが、例の調査に失敗しました!!」なにっ!?「失敗とはどういうことだ!?」「水路はアストリア軍によって押さえられているようです!!!」なっ!?まさか…!!!兵士の言葉を聞いたことで私の表情は引きつってしまった

可能性としては考慮していたが、もっとも恐れていた事態が現実として起きてしまったからだ

「水路で『アストリア軍』を確認したのだな…?」「はい!確認しました!」これはまずい…っ

もしもその報告が事実だとすれば、アストリア軍の別働隊がいるということになる

「敵の規模はっ!?」慌てて問いかける私の耳に新たな報告が届く

別の伝令部隊が帰還したからだ