橘リノ パチスロ

橘リノ パチスロ

「違うの! ……だってそうなるかも知れないっ」「シバく」「……でもっ、いつまでもみんなと一緒にはいられないんでしょっ? どうなっちゃうかわからないんでしょっ? ……私なんか忘れちゃってもおかしくないじゃないっ」「そろそろシバくか?」「どうやってシバく?」「みんな好きなんだからーっ」 顔を見合わせる洋一と一平の気配を感じ、拗ねるような声を上げて泣く

それでも容赦なく服を脱がそうとする華音に抵抗している優樹に、勝則は深く息を吐いた

「優樹先輩、それって、思い切りボクたちをバカにしてますよ

ボクたちだけじゃない

白川先輩のことだって、ヘタしたら反町先輩のことだって」「……そんなことないーっ……」 籠もった鼻声で拗ねられ、勝則はテーブルに腕を乗せて軽く身を乗り出した

あなたも好きかも:ハットリくん パチンコ 199 評価
「先輩……、ボクたちが先輩と同じ気持ちを抱えないとでも思ってるんですか?」 穏やかな声に、優樹は「……うっく」と声を詰まらせ、まともな返事も出来ない

それでも、勝則は静かに続ける

「ボクたちだって同じですよ

……そういう不安は、誰だって抱えてるんです

あなたも好きかも:土浦 パチンコ おすすめ
一人にはなりたくないし、寂しい思いなんてしたくないですから

あなたも好きかも:パチンコ 大江戸日記
……けど、そういう不安に勝るくらいの信用や、繋がりをなくさないっていう強い気持ちがあるから平気なんです

……でも、先輩は、ボクらが簡単に先輩を捨てるって、そう思ってるんでしょ?」「……、違、う……」「いいんですよ、それならそれで

……先輩は、今まで辛い別れをしてきたんだから、臆病になって当然なんです

だから、強がることは全然なくて、むしろそれならそうだと言っちゃえばいいんです

……もっと、肩の力を抜いてください」 啜り泣きながら否定する声に、勝則は苦笑した

「白川先輩だって同じだったかも知れないですね

……だから、ボクたちにさよなら出来ずにいなくなっちゃったのかも知れないです