gate パチスロ

gate パチスロ

「ごめんなエルゼさん、緊急時だから許してくれ」 な、なななななな何をしているんだいきなり!? 黒髪の青年が口に何かを含むとエルゼにキスをし始めた

し、しかも結構ディープなやつだ

 え、エルゼ? 何でそんなに目をトロンとさせているんだ!? もう良いんじゃないかな? うぇっ、何で自分から腕をまわしているんだい? き、気持ち良さそうだね……『あ、あの……ありがとうございました』 顔を真っ赤にしながら黒髪の青年を見つめるエルゼ

あなたも好きかも:art スロット 機種
「魔刻印はもう消えているから大丈夫だ

俺はちょっとアイツを倒してくるから待ってて」 無理だ……あの魔王化したフォースを倒すなど

あなたも好きかも:スロット エヴァ 魂を継ぐ者 期待値
天災に人が挑んでも勝ち目がないのと同じようなものだぞ!? だが、青年はちょっと用事を済ませてくるみたいな軽い調子で行ってしまった

『エルゼ、身体はもう大丈夫なのか?』 信じ難いけれど、生命核からは魔刻印が消えていた

でも理由など正直どうでも良い

エルゼが助かったという事実だけで十分だ

『はい、ゼロ様

あなたも好きかも:パチスロ 千葉 優良店
身体はむしろ以前よりも良くなっています

ですが…………』 エルゼが深刻な顔で俯く

やはりこれだけの奇跡には何か代償が必要だったのだろう