ベルセルク パチスロ 導入日

ベルセルク パチスロ 導入日

 自分を知るわけがない

「一つ訊ねたい」「うん?」「憶えてるか、墓所で出会った子供のこと」「さて、生憎と故郷の記憶自体が曖昧でね」「そう、か」 タガネは記憶を遡行する

「母さんと、あとは……『甘い菓子』って言葉が妙に引っかかるぐらいか」「…………!」「甘い菓子が、ここの特産品なのかい?」「いや……」「良けりゃ教えてくれな」「はは」 乾いた笑い声

 青年の目から滂沱と涙が溢れた

 ぎょっとしてタガネは固まる

「良かった、無事で……」「お、おい?」「少し待っていてくれ

あなたも好きかも:スロット 価格 ランキング
今あのときの約束を……甘い菓子を持ってくるから」 青年はその場から走り去った

あなたも好きかも:パチンコ 配信者
 何事か分からず、呆然と見送る

 それから、再び母の墓を見て――最後に参った日の記憶が蘇った

 あの日は、誰かに声をかけられた

 そう、たしか

『土産を買ってくるよ

あなたも好きかも:ベルセルク スロット 中古
――甘い菓子とか』 自分より一つ上ほどの子供だった

 先刻の青年と面影が重なる

「ああ、なるほど」 思い出して