パチンコ 英語

パチンコ 英語

工場の建物に販売用の窓口の穴を空けただけだもんね

 その窓口にいる売り子さんはダフネとジゼルだった

サリーの姿は見えなかったけど、裏口から工場に入ると、サリーはちゃんと中で待っていた

「私も、今帰ってきたところなんです」 軽く汗ばんだサリーの足元には『風走』LV2が纏わり付いていた

すごいなぁ

手先がぶきっちょだけど、魔法に関しては本当に物覚えがいい

あなたも好きかも:王子 スロット 店
 上気した色白のサリーの頬はピンク色

うーん、フレデリカほどではないけど、造形的には美形の部類なんだろうな

こんなのが幼なじみだったら、下着マニアにもなるというもの

あなたも好きかも:カジノ 国際会議場
「ああ、それはそれとして、はい、お土産

あなたも好きかも:パチンコ 北千住 イベント
さっき山に行っててね

山ブドウだよ」 お土産を渡すと、サリーは嬉しそうに食べてもいいんですか? と訊いてきた

「もちろん

一房、持っていっていいよ」 後ろから接客中のダフネとジゼルに近づいて、袋に入れたままの山ブドウを手渡す

「これ、お婆ちゃんに渡してね

ジャムにしてくれるから」「ジャムですか! ……一粒、食べてもいいですか?」 さすがに食べ物には超反応するジゼルが飛びついた

「一房食べていいよ

あとはみんなの分ね

ゴードンさんにも一房あげてね」「ああ、はい」 ゴードンさんはいつも思い悩んだ顰め面をしているから、女子従業員からのウケはよろしくないみたい