偽物語 スロット フリーズ 契機

偽物語 スロット フリーズ 契機

 もう手の施しようも無い

たとえフィロスの魔力が完全であったとしても死を免れ得ないだろう

そして彼自身、自分の命がそう遠からず潰えるであろうことを悟っていた

むしろ、そうなることを希望してさえいた

あなたも好きかも:板橋区 千川 パチンコ
 今や何よりも摩耗しているのは、彼自身の精神そのものだった

あなたも好きかも:パチスロ したい
降り積もった雪が地表を隠すように、彼の精神活動もまた、自分自身に掛けた様々な呪いで覆い尽くされ働かなくなっていた

 正確には、自分の心を氷漬けにすることで、発狂の一歩手前で踏みとどまっていたのかもしれない

何も感じなくなった心と、壊れた心とにどれほどの差異があるかはフィロス自身にも分からないが、少なくとも、足を止めずに済んでいた

あなたも好きかも:イレグイ スロット 中古
 いつしか雪は止み、空には金色の満月が浮かんでいた

鈍い光が静穏な白い大地に降り注ぎ、仄かな照り返しを生んでいる

自分たちの息遣いと足音以外には何も聞こえてこない

 靴はとうの昔に濡れそぼっていた

四肢の感覚が曖昧になって久しい

ソフィアを支えていられるのも、腕がそういう形で緊張し切ってしまったからだった