ルーレット コツコツ

ルーレット コツコツ

これでは見た目も悪いだろう

「……よしっ」と、優樹は袖を捲って、気合いを入れて花壇の中に入って雑草をむしりだした

あなたも好きかも:牙狼 スロット 解析
洋一も「仕方ないねえ」と渋々草むしり

多美も、二人に倣って袖を捲り、花壇の中に入ろうとしたが――「……ほら、奉仕屋

また掃除やらされてる」 そんな笑う声が聞こえ、多美はピクッと顔を上げて振り返った

あなたも好きかも:慶次 パチンコ 信頼度
 周囲の生徒たちが、こそこそと嘲笑しているような……

 だが、優樹も洋一もせっせと草をむしり取っている

 多美はじっとしていたが、花壇の中に足を踏み入れ、腰を下ろし、パパパッと雑草をむしり取った

あなたも好きかも:パチスロ 30パイ
その速さに優樹と洋一は「おー、すごい!」と感心したが、次の瞬間――「きゃあーっ!」 多美は溜まった雑草をポイッと背後に向けて飛ばした

それは、歩いていた生徒たちの頭上に飛び、彼らに降り掛かる

「うわ!!」「なにするのー!!」 生徒たちが悲鳴を上げる中、多美は申し訳なさそうに、半べそ気味に「ごめんなさーい!」と立ち上がって頭を下げた

「すみませーんっ

まとめようと思ったら毛虫が草にたくさん付いてて驚いちゃってー!」「……け、けむし!?」「いやぁー!!」「キャーッ!!」 と、草をかぶった生徒たちが土を払い落としながら悲鳴を上げて逃げていく……

その姿に多美は「……ふふん」といたずらな笑みを浮かべると、鼻歌を歌いながらまき散らした草を集め、再び草むしりを再開しだした

 その騒々しさを、優樹と洋一は顔から血の気を引かせて唖然と見つめていた――

「あいつは無視しろっ」「無視しようとしたのに……、したのにぃー」 放課後になり、順番が回ってきた進路相談のため、今日は洋一と立花は部活に不参加だ

ということは―― 優樹は部室に向かう前にオロオロと戸惑った

「た、多美ちゃんを止めて

また来そう