スロット いのき

スロット いのき

 直接関係があるのは「モルドレッド卿にブリテン島の統治を任せた」ことと「アーサー王がフランスへ渡った」こと、そして「モルドレッド卿がブリテン王を宣言し、王妃グィネヴィアと結婚しようとした」ことだけでしょう

 この三つは「アーサー王とモルドレッド卿の直接対決」を演出するには必要な「伏線」となっています

「佳境(クライマックス)」へ向かう「伏線」は、物語を盛大に盛り上げるのに一役買うのです

この「伏線」がない小説は、盛り上がりに欠けると言わざるをえません

あなたも好きかも:スロット 栃木 新台
 そのため「佳境(クライマックス)」へ向かう「伏線」はすべての小説が持っている必要があります

あなたも好きかも:パチンコ 隠しカメラ
結末(エンディング)に向かう伏線 「結末(エンディング)」に向かう伏線もあるのです

 再び『アーサー王伝説』を例にとります

「カムランの戦い」において、双方の兵数は底をつき、モルドレッド卿側は彼ひとり、アーサー王側は王を含めて三人しか残りませんでした

 アーサー王がモルドレッド卿を槍で突き貫きますが、モルドレッド卿はかまわず前進してアーサー王の兜を横薙ぎでしたたかに叩きます

これによってアーサー王は致命傷を受けるのです

 ここまでが「カムランの戦い」の「佳境(クライマックス)」です

 そしてアーサー王は侍従の騎士に「宝剣エクスカリバーを湖の乙女ヴィヴィアンに返還する」よう頼みます

生存したアーサー王の血族の中で最もアーサー王に近かったコンスタンティン卿を次期国王に指名したのち、異父姉モーガン・ル・フェイや湖の乙女ニミュルらとともに伝説の島アヴァロンへと船出します

 これが『アーサー王伝説』の「結末(エンディング)」です

 まず「宝剣エクスカリバー」というキーアイテムが出てきます

これを湖の乙女ヴィヴィアンからもらい受けたのはずいぶん昔のことです

アーサー王の死後これを返還する義務を「伏線」で表しています

 そしてアーサー王の血縁であるコンスタンティン卿が登場するのは、「カムランの戦い」の直前です