スロット 新台カイジ

スロット 新台カイジ

「アイルクーダ、クレアシオン王都方面に派遣しておりました隊員、すべて帰還いたしました!」「そうか、ご苦労様

あなたも好きかも:パチスロ ドリームジャンボ
では、予定通り明日作戦決行する

各自準備を万全にするように徹底させてくれ」「ハッ! では、失礼いたします!」 隊員は再び敬礼して広間に戻っていった

「隊長、いよいよですな」「あぁ、その通りだ副長

お前とは長い付き合いだが……ここらでケリを付けてやるさ」 そう、あいつと果たせなかったこと

あなたも好きかも:北斗の拳 スロット 拳王乱舞 期待値
【この世からアルクエードをなくす】 そのために、大勢の仲間が犠牲になった

 ただ、あんな事件を二度と起きないようにするためにも――

「それにしてもーー随分順調にメンバーが集まったものだな」「はっ! それはもう秘密裏に集めましたから

これだけの人数が揃えば、教団の奴らも明日は一網打尽ですね、隊長!」「まぁ、な」 意気込む部下に対してラインは煮え切らない返事をした

(確かにこれだけの戦力がいれば、教団を抑えることができるかもしれない

しかし……何か上手くいき過ぎている気がする

確か、あいつが戦略を立てるときはなんて言ってたか――) ドガ~ン!!!!「な、何事だ!?」 何かを思い出そうとしたタイミングで、広間の方から爆音が聞こえてきた

「わ、わかりません! 恐らく敵襲かと――」「バカな! 見張りによると、つい一時間前まではまちにいたはず……とにかく広間に向かうぞ」「はっ!」 立てかけていた槍を手に取り、急いで広間に駆けつけた

 広間に映った瞬間に目に映った光景は――、「久しぶりですね、ライン・スターディア」「お、お前は!? キール……アルトーゼ」 ラインの旧知の友であり、決起隊創立者の一人であり、この世からアルクエードをなくすと誓ったかつての同志が、広間の中央部に堂々と立っていた

布団の中が熱い

寝苦しくて目覚めた

足元をめくると、トシフミとナンスナーが寝ている