西荻窪 パチンコ 優良店

西荻窪 パチンコ 優良店

私は自分本位ですので、何の躊躇いもなくそうするでしょう

あなたも好きかも:ラスベガス カジノ 会社
寧ろ、亡くなった方に会える事が証明されている、こんなに恵まれたところに生きていて、どうしてその選択をせずにいられるのかが、私には分かりません

………勿論、それは最良の選択肢ではないでしょうし、賞賛も感謝も、同意だって得られないでしょう

けれど、どんな手を使ってもと言い切るだけの覚悟があるのなら、あなたはそうするべきでした

……それなのに、そんな一番の近道を放棄してここにいるあなたが、その為にこれだけのことをしたのだと告白してみせても、私には到底言葉の通りには思えないのです

………それに、ここにあるのは、本当にあなたのしたかったことなのでしょうか?」ネアのその言葉に、セスティアは目を細めた

はたりと、魔法使いのようなケープが温度のない風に揺れ、その足元には恐ろしいことに、喰らわれて凝り集まった魔物達の残骸のような影がざわめく

「あなたは、ご友人に会いたいのだと言いながら、死者の王を捕らえて自分の手の中に収めることを夢見ています

あなたも好きかも:パチンコ 六本木心中
それは決して同じことではないし、きっと同じ理由でもない

あなたがなさりたいのは、ご友人に会い謝罪することなのでしょうか?或いは、ご友人の責務を引き継ぐこと?それとも、死者の王に会い、その方を捕らえることなのでしょうか?」ネアがそう尋ねると、セスティアの眼差しが曇り、その心が自身の内側に向けられているのが伺えた

正気ではないが冷静だと、魔物はセスティアをそう分析していた

であれば彼が目的や自身の願いを見失っているのは、ここで入り混じってしまった誰かの思いのせいなのだろう