スロット wiki

スロット wiki

「………でも、欲しかったの」 「うん

だから、多分こうなるしかなかったんだよ

あなたも好きかも:番長 パチンコ 男の極み 保留
見付けたのが僕でもこうするし」 「どうしてあの人間なのかしらと、考えていたわ」 「ディノは、ただあの子が大好きなだけだし、きっとそこに、誰かの為の理由なんてつけないよ

僕だって、グラストが特別な理由も、ネアがお気に入りな理由も、実は僕自身もよくわからないんだ」 見聞の公爵は、少し笑ったようだった

あなたも好きかも:パチンコ 札幌 優良店
もうよく目が見えないので、気配だけだが

「僕はね、少しだけ君の気持ちがわかるよ

グラストが、僕の頭を撫でてくれないのはどうしてだろうって、散々考えたから」 (ええ、私もわかってしまったの) 虹白の王もきっと、自分と同じようにあの少女の眼差しを追うのだろう

肌に触れてその遠さを嘆き、どんなものでも与え、どんなものでも殺すのだろう

それがわかってしまったから、 私は、エマジュリアという名前の魔物は、あの少女を許すことは出来なかった

無様だとわかってはいても、背を向けて諦めることは出来なかった

その心を殺せば、それはもう私ではなくなってしまう

あの人間に牙を向けば、王は自分を容易く壊すだろうと、わかっていても

(あの子も、恋をすればいいのだわ) 恋をして、差し出した両手を切り取られるような苦しみを味わい、大いに嘆けばいい

そんな思いの一つも持たないのだから、あの少女はとても哀れだ

(私は、とても幸せね

とうとうこの最後まで、最初の恋を手放さなかったのだから) 私が無垢だと口にしたときの、彼女の眩しそうな眼差しを思い出す

その無垢さの特権は、きっとあの人間が、既に失ってしまった幸福なのだろう

魔物の最後は、灰になって崩れ散る