東京 伊豆大島 パチンコ

東京 伊豆大島 パチンコ

とか余計なことも考えつつ今までの数々の戦いを思い出しつつ、勝ち筋を確認していく

色々なシミュレートを頭の中で終えたころにいきなり肩を乱暴に叩かれる

「……ーぃ

あなたも好きかも:パチンコ cr おりん
おーいっ!!起きろってば!!」ミシェルである

ハッと気づいて周囲を見回すと心配そうにアルデハイトや、ローレシアンの兵士たちそして魔族国のテレビスタッフが、俺を見つめていた

ミシェルはため息を吐きながら「だから言ったじゃない

超集中しているだけだって」呆れ顔でアルデハイトに愚痴る

彼は頷いて「タカユキ様、時間です

あなたも好きかも:パチンコ ゼロ 演出
行きましょう」手を伸ばし、座ったままの俺を立たせる

「……もう時間か」「ええ

かなり長い時間目を瞑ったまま動かなかったので 心配して、おばさんを呼びました」アルデハイトは、俺の手を引いてテントの外へと出る

ミシェルが不機嫌な顔でついてきて「私は、テレビには映らないから」「はい

あなたも好きかも:マクロスフロンティアパチンコ
もちろん良いですよ

 事前に教えた、見晴らしの良い所で見学していてください」「……当然、ケーキもあるんでしょうね」「もう用意させていますよ

美味しいお茶もつけています」「……やったああああああ!!!」ミシェルは翼を背中に出すと、ロケットのような勢いで南へと飛び去って行った

「……お前も大変だな……」「いえ、おばさんも居ないと今回の件は 難しかったでしょうし、ランク一桁台の二竜が まともに話を聞く人材となると、限られていますからね

感謝していますよ」大人だな

「そうか