バイオ パチンコ だいいち

バイオ パチンコ だいいち

 何はともあれ、幹部の一人である事は変わらない

幹部と支配者を全員倒してから人間の国を征服すると言ったので、季節的に戦えなさそうだったペルセポネが戻ってきたのは好都合だ

 ペルセポネが去った山岳地帯をまた暫く探索したライたちは、"ビオス・サナトス"の街に戻るのだった

***** ──"人間の国・ビオス・サナトス"

「それなりの収穫はあったけど……結局ヴァイス達の情報は掴めず終いか

まあ幹部の存在が分かっただけで上々かな」「うん

あなたも好きかも:バイオ ハザード 6 スロット 天国
けど、夕方になった事でより一層暗く感じるね」「私にとっては好い心地だがな

あなたも好きかも:2013 ぱちんこ
まあ、隙間から差し込む日の光には思うところがあるが」「ふふ

まあこの暗さも悪くは無い

あなたも好きかも:パチンコ で 負け た 金額
私の種族的にそうなのかもしれないな

魔族は闇を好むからこの雰囲気も嫌いじゃない」「私は……何とも言えないかな……昼夜関係無い動物たちの力を宿しているから……」 日が暮れ、夕刻となった"ビオス・サナトス"の街を歩くライたちは他愛ない話をしながら進んでいた

 結局ヴァイス達の事は分からなかったが、幹部であるペルセポネに会えたのは明確に収穫と言えるだろう

ライたちの正体もバレていないので此方としてのデメリットはほぼ無い状態だ

「さて、後は宿でも見つけて休むとするか

多分魔族と幻獣の兵士たちが夜でも見張っているだろうから夜襲される可能性も低い」「うん

敵地だけど軍隊が味方なのは昼夜問わず休める時間が増えるから良いね」「なら、今日は私も久々に寝てみるか