スロット 初代北斗

スロット 初代北斗

「あ、申し訳ありません

業務に取り掛かります」「ああ、俺も邪魔立てしてすまなかった」 そこからは、交代の近衛が来るまで、終始無言だった

 ディート殿は護衛ついでに練習をしているのか、たまにゆらりと、気配が動く

あなたも好きかも:Fortune Miner
しかし本人は扉横に直立したままなのだ

なんか、気持ち悪いなぁ……意識だけが動き回ってるみたいで

 サヤはそんなディート殿を気にするでもなく、作業をしている

あなたも好きかも:パチンコ 北斗 の 拳 拳 王
彼女の場合、あんな風に気配が動くことも、日常茶飯事なのだろうか……

 交代の近衛がやって来る頃には、俺の精神は結構消耗していた

 動く気配が、気になって仕方がなかったんだ……

「うーん……結構難しいな

 ちょっと意識し忘れると、すぐに普段の視野になってしまう」「慣れの問題です

 短時間出来るだけでも、結構価値はあると思いますよ」「ふーん……まあ、良いことが聞けた

また良かったら教えてくれ」「私でお役に立つことがあれば」 にこやかに笑ったディート殿は、俺に視線を向ける

あなたも好きかも:パチスロ 花 の 慶次 新台 動画
「レイ殿も、素養はあると思う

俺の気配に結構反応していた」 俺が、帯剣していないことを、言っているのだなとすぐに気付く

 だがこればっかりはね

「俺は、右手が少し不自由なんです

剣を握って振ることが、出来ませんから……」「それも伺っている

だが、剣を振ることに拘るのは貴族だけだ