わんばー スロット

わんばー スロット

(…………っ!)あまりにも見ていたからだろうか、ふっと、彼女が顔を上げてこちらを見た

こちらを認識したというよりは、ただ、視線を意識して顔を上げただけのようだ

それでも、彼女がそこにいて、再びこちらを見ているということだけで息が止まりそうになる

あなたも好きかも:sis スロット
彼女は暫くこちらを見ていた

多分僕は、そのときにすぐ何かをするべきだったのだろう

あなたも好きかも:パチンコ 疑似連 最初
手を振り回して駆け寄るとか、声を上げて彼女の名前を呼ぶとか

けれどもそのどれも出来なかった

やはり、あの炎のウィームの朝から積み重ねてしまった怨嗟の月日は重く横たわり、その中で変わってしまった自分の中の何かが、そこにあるものに容易に手を伸ばさせてくれなかった

もう随分と人間を殺した

あたたかな食事も摂れず、あの日のように彼女の為に蝋燭の火を灯してやることも出来ない

片目に負った傷をそのままにしてあるのは、視界が狭まる方が過ごし易いからだ

やがて、彼女がこちらを見ていることに気付いたゼノーシュが、少し目を鋭くしてネイをその場から離れさせた

あなたも好きかも:パチンコ 平均継続回数
ゼノーシュは排他的な魔物の一人だ

決して攻撃的ではないが、あまり他者との繋がりに重きを置かない趣味人でもある

そんな彼が親しげに手を繋ぐ姿を見ている限り、きっと、彼がネイの契約の魔物なのだろう

羨望に胸が痛んだが、ゼノーシュであれば彼女は安全だろうと思い、安堵もする