スロット 狙い

スロット 狙い

「もしよろしければ、連れて来た中から相性のよさそうなものをお譲りいたしますが、許可はでそうですか?」 考助がこう聞いたのは、レンカが身分のある者だとわかっているためだ

あなたも好きかも:パチンコ ハンマー
 いくらレンカに懐いているからと言って、簡単にモンスターを傍に置いておくのを許可しないことの方が普通なのだ

 現に、考助に問いかけられたふたりは、難しそうな表情で互いに顔を見合わせている

「・・・・・・この様子を見る限りでは、確かに大丈夫そうですが・・・・・・」「・・・・・・難しいでしょうね」 ふたりのその顔は、出来ることならレンカの希望を叶えて上げたいという気持ちはあるが、家のことを考えると難しそうだというものになっている

 ちなみに、レンカの希望は直接聞いたわけではないが、誰が見てもまるわかりなので、この場合は敢えて当人に聞くようなことはしない

 考助もこの答えは予想していたので、すぐに頷いて次の提案を行った

「では、旅の間だけでも一緒にいるというのはどうですか? もし、上手くすれば、その頃には従魔契約を結べるかもしれません」 後半は、レンカに聞こえないようにわざと声を落として言った考助に、騎士のひとりが目を丸くした

「・・・・・・そんなことが?」 一般的に、従魔契約が出来るのは、テイマーだったり魔物使いだったり、ごく限られたスキルを持っているものだとされている

 少なくともレンカにはそんなスキルは見えていないが、それでも考助にはレンカにはその才能があるのではないかと疑っていた

 そうでなければ、ナナやワンリが最初から打ち解けるような態度を見せるはずがない

あなたも好きかも:ガロ打ち方 パチンコ
 驚く騎士に、考助は頷いてから続けた

ですが、それはあくまでも可能性のひとつでしかありません

それに・・・・・・別にスキルが無くても従魔契約は結べるはずなんですけれどね」 この世界に来て初めてコーと契約を結んだときは、考助は特殊なスキルを覚えていたというわけではない

 それを考えれば、考助が今言ったことは間違いではないのだが、それでもスキルがひとつの指標になっていることは紛れもない事実だ

 まあ、クラウンはまだまだ世界中に広まっているわけではないので、実際に自分のスキルに何があるのかわかっている人数のほうがまだまだ少ないのだが

「まあ、それはともかくとして、貴方たちが許可をする場合は、一応お目付け役を付けておきます