パチンコ 呼び出し中

パチンコ 呼び出し中

「なんか混線してるから今なら伝えられるとか、けど多分忘れるだろうけどとか言ってたんだよねえ

よく分かんないけど」「なんの話?」「さあ?」 風音の問いにJINJINが首を傾げる

あなたも好きかも:jackpot ゲーム
「あの世界って何?」「さあ?」 その問いにはやすが首を傾げた

「なんかどっかのダンジョンの先みたいな話をしてたと思うけど、今攻略中のダンジョンなんてあったっけ?」「ないと思う

メールにも来てないし、家帰ったらゼクシアハーツで聞いてみるよ」「そうだな

あなたも好きかも:クラブj パチンコ 西岡
あいつも夜ならいるだろうしな」「うん

あなたも好きかも:マクロス2 スロット 超一撃
そんじゃあ、私はおうちに帰るね」 初志貫徹

寄り道はせずにお家に直行という風音の方針は曲がらなかった

それにこのまま、やすとJINJINについていってもBL本鑑賞会である

風音は男同士の奇妙な愛情に興味はない年頃だったのだ

そういや、お前の弟もそろそろレベル100超えだろ

クエストにもついてこれるだろうから、声かけとけよ」「やだよ」 即答の風音にムウという顔をするやすであった

 やす個人としては仲間内の男比率をもう少し変えたいようである

 そして、レベル100超えとは目安でもあった

 ゼクシアハーツはレベル100以降の成長は緩やかで、レベル300相手でもプレイヤースキルが高ければレベル100あれば十分に戦えるゲームではあるのだ

 さらに極論を言えば、攻撃さえ通ればレベル1でレベル300に勝つことも不可能ではなかったりもする

それは通信速度の向上に従ってラグが消えてアクション性も増し、プレイヤースキルが大きく左右するようになったゲーム時代ならではの話ではあった