パチンコ 朝から

パチンコ 朝から

あいつ、アプローチかけられたらいくとこまで普通に行っちゃいそうだし? しっかり掴んでおきゃなんとかなるんじゃないの

まあブッチャケ好きにしたらって感じなんだけど」 弓花も何か思うところあるのか、少しばかりムスッとした顔でそう返した

「それって……しろってアドバイスしろってことか

兄の俺があいつに?」 もっとも弓花の心の機微に気付けないライルは、今の弓花の発言を聞いて愕然としていた

あなたも好きかも:パチンコ タイガーマスク3 演出信頼度
そんなライルを見ながら弓花はため息をつく

「知らないわよ」 それから弓花は目の前の槍の鎖をジャリジャリと外していく

それを見てライルが慌てる

あなたも好きかも:パチンコ 新台 導入 予定 日
「おい、それ危ないんじゃ」「黙ってて」 止めようとするライルを言葉で制しながら弓花は触っている腕が徐々に銀の光に染まりつつあるのを無視して鎖で隠れていた部分を磨き始めた

そして腕の両肩にまで銀の光が届きそうなところで「ふぅっ」と息をついて、黒い鎖を再度巻き付けたのであった

「うー、きつかったー」 そういう弓花の頬からは玉のような汗が出ていた

そしてようやく口を開いて良さそうな雰囲気になったと感じたライルが弓花に尋ねる

「おい、大丈夫なのよ?」 そのライルの問いに弓花が「まあねえ」と返す

あなたも好きかも:歌舞伎町 闇スロ
「まだ実戦で使えるほどではないけど今なら少しは耐えられるようになってるよ

その内、ちゃんと扱えるようになると良いんだけどね」 そう言う弓花の腕からは徐々に銀色の光が消え始めている

「危なくないのか?」 先ほどの光景は見ているライルの心臓がバクバクするほどのものであったが、弓花は「大丈夫大丈夫」と笑う

それから両腕をライルに向けて振ってみせる

確かに動きにおかしい部分は特にはないようだった

「親方が私のために造ってくれたものだから

ちゃんと扱えるようにならないと……ねっ」 そう言いながら弓花は竜血布をさらに刃に巻き付けてようやく作業が完了した