パチンコ 情報商材

パチンコ 情報商材

「あなた、大学はどうする気?」「心理、民俗学、日本史

出来るなら、三つとも専攻する

自分こそ」「私は心理、国文、政経

あなたも好きかも:パチンコ オープニング 曲
それと、後二つくらい

あなたも好きかも:flash ゲーム パチンコ
出来るならね」「よく言うよ」 苦笑しあう、サトミとケイ

 この二人は今からでも大学に進学出来る能力があるため、こういう会話が自然に出る

あなたも好きかも:qt シグナル スロット スレッド
 何故ここにいるのかと思う時もあるし、サトミなんて大学から勧誘が来るくらい

「卒業出来るなら、という前提だけど」「普通にしていれば問題ないでしょ」「まあね」 あくびをしつつ、私に視線を向けるケイ

 私は伸びをしつつ、それを避ける

「逃げられました」「だ、大丈夫だって

そんな退学なんて、余程悪い事しない限り

大体私達は、それを防ぐ立場じゃない」「学校と揉めたら、って話

それはもう、俺達の行動を逆手に取られる世界だから

気に過ぎといえば、し過ぎだけど」 言葉とは裏腹に、ケイは気のない表情で雑誌を読み始めた

「ねえ、どう思う?」「難しいな」 真顔で頷くショウ

 そして、ため息を付く

「やっぱり駄目だ

これ以上は、もう無理だよ」「え?」 沈痛な表情