偽物語 スロット 解呪ノ儀 打ち方

偽物語 スロット 解呪ノ儀 打ち方

セツナ特有の生体反応が検知されないのだ

それどころか、レムやラグナ、ファリアたちの生体反応すらない

 あるのは、未知の生体反応であり、それは、前方の建物の上から感じられた

あなたも好きかも:パチスロ ドロロン えん 魔 くん フリーズ
 ウルクが転送されたのは、未知の空間ではあったが、どうにも見覚えのあるような建物が立ち並ぶ領域でもあった

どこかの都市にも見える

整然とした町並みは、別段、特徴的といえるようなものもないが、だからといって別の都市と混合するほど特色がないわけではない、そんな感覚

 記録と照合した結果、ログナーの大都市マイラムに酷似していることが判明した

いまのマイラムではない

“大破壊”以前、ガンディア領土だったころのマイラムだ

「ここは千力の間」 不意に聞こえてきたのは、女の声だ

「そして我が名は獅徒ミズトリス」 前方の建物の屋根上から投げ放たれてきた声は、威圧的かつ敵意に満ちていた

「この領域を突破したければ、わたしを斃して見せろ!」 そして咆哮が、戦いの始まりを告げたのだ

あなたも好きかも:セレナ スロットルコントローラー
空間転移には、もう慣れたもの――などと想っていた自分を恨みたいくらいの気分になったのは、おそらく、予期せぬものだったからに違いない