パチンコ お金の無駄

パチンコ お金の無駄

 まさか、先にミヤコから言われるとは思っていなかった

どうやって切り出そうか考えていた自分が馬鹿みたいだ

 決意したことを素直に嬉しいと思う

だから嬉しさを抱いたまま、静かにリウは宿から外へ出た

 ――嘘に、ならないようにしなきゃね

 次に逢う時には、語り合おうと、約束したわけではないけれど、このままでは嘘になってしまう

どうにかして対処しなくては、ミヤコに対して失礼だ

あなたも好きかも:結城友奈は勇者である スロット 周期
「メイ」 言えば、影からするりと抜けだし、リウの肩に乗って欠伸を一つ

「――別れか」「そう

あなたも好きかも:パチンコ 激アツホール
聞いてた?」「寝ぼけ半分でのう

あれで良いのか?」「なに言ってんの

こうなることは、四年も前にわかっていて、いつになるかって待っていたのよ

寂しさはないわ、嬉しいし」「あっさりしたもんじゃのう」「ここで拘泥する理由がないだけ

今までの四年間を否定したくもないから」 劣等感を抱いていたのは、ミヤコではなくリウの方だ

きっとお互いに、お互いよりも劣っていると痛感していた

けれど、その痛感の理由まで把握していたリウと、知らなかったミヤコでは、やはり違うし、リウはきちんとそれを隠していたから、同じとは言えないはず

 どちらにせよ、今までリウの旅に付き合わせていたのだ

その事実はなんであれ、変わらない