バドミントン 桃田 バカラ

バドミントン 桃田 バカラ

状況に応じては使えない、と口にすることもある

俺の場合はそもそも共感の術式が前提になるから、なんとも言えんが、使わなかったところで同じだろう」「つまり、愛着があって馴染み深いものほど、使いやすいってことかあ」「そういうことだ

あとでケイオスに連絡しておけ、所持者が泣き出す前にな」 薬室の内部にあった弾丸を抜き、新しく装填した白井は座ったままの姿勢で照準器を覗き込み、それからすぐに安全装置をかけた

あなたも好きかも:パチンコ 電波悪い
どうやら、それなりに使いこまれているものらしい

あなたも好きかも:パチンコ 鉄砲
「ま、それは後にしておくとしても、どうだった」「……そうだな、妙な術式反応があったのはわかったが、それ以上はなにも

始終落ち着いていたが、俺たちに対する警戒も残していたところを見るに、格下だからといって油断するようなタイプじゃない」「付け入る隙はなかった?」「今の俺では遊ばれるのがせいぜいだ

本気で、あいつが敵対意志を見せなくてほっとしている」「だよねえ

何かを掴んでいる感じがあったけど、それがなんなのかはわかんなかったし、あたしが対応できるレベルかどうかも隠されてた感じ」「化け物だらけだな、この世は」「あー、まあ確かに現実として、化け物だよね、スティークさんの辺りになるとさ」「どうなんだ、つみれ」「なにが?」「――あのレベルを相手にする、いや、挑むか?」 視線を向けられて問われ、つみれはそれを受け止めながらも、苦笑に似た表情で軽く頭を掻いた

「ごめん

あなたも好きかも:松戸市高塚新田 パチンコ いそまる
それについてはまだ、返答できないなあ」「なら、近く答えを出しておいてくれ」「参考までに

ミュウはどうなの? あたしの意志を気にしてくれるのは嬉しいんだけど」 決まってる

 どうであれ、そんなことは、当然のように、白井の中にあった

「――挑む」「……」「できれば、つみれが望んだその時に、対応できるだけの駒になっておきたいものだ」 使われることへの喜びがあるわけではない

つみれに言わせれば、単に上手く使ってくれる人が傍にいる状況に対し甘んじているだけでしかないのだろうが、それがどうであれ

 挑める力を持たずに、挑む状況に陥ったのならば、駒としては失格だ

装置としても無駄になる

 白井は、それを己に許してはいなかった

元から白色に近かったそこも、手を入れてやれば眩しさを手に入れることになる

まるで宝石を磨く行為を丹念に、その輝きが僅かでも戻ることに心喜ばせながらも、これを続ければ元よりも美しくなるんじゃないかと未来への想像を膨らませ、楽しみながらも熱心に研磨剤を手にする少女のよう――ミルエナ・キサラギはトイレの洗浄剤へ手を伸ばした