fate ラン スロット セイバー

fate ラン スロット セイバー

ならば――「ふん!」 顎を打たれるよりも先に額を下げ頭突きで槌を迎え撃つ

槌の重さを利用しただけの一撃ならばまだ軽い

そして奴の攻撃は止まった、こちらからの追撃を入れる好機!「ぬぅん!」「ながっ!?」 奴が声を上げた途端、槌に加えられていた力が一気に膨れ上がり、頭ごと体が宙に浮く感覚を覚える

こちらが反撃の意志を見せるや、力業に切り替えて密着していたこちらを後方へと投げやったのだ

驚くべき瞬発力、腕力

あなたも好きかも:パチスロ ヤバ い
やはり人間の中でこの老兵は段違いの強さを持っている

あなたも好きかも:スロット 川崎 タイガー
 宙で体を回転させ地面へと着地する

距離は先程よりも少し開いた状態

互いに負傷らしい負傷はないが、こちらの攻撃の切り口を無駄なく封じられた

「頑丈な首の骨じゃな

へし折るつもりじゃったが体ごと浮きおった」「ふ、ふふふ、流石だ!それでこそ闘争する価値がある!」 半端な攻撃はいなされる

ならば様子見などは不要

一撃一撃を必殺のつもりで振るうまで! 大地を蹴り、縦横無尽に剣を振るう

あなたも好きかも:パチンコ 動画 シンフォギア2
しかし奴はその軌跡を冷静に見極め、無駄のない動きで回避していく

だがその動きについていけない俺ではない

「いつまで躱せるか!」「もう避けんわい

ほれ」「なんっ!?」 こちらが剣を振るおうとした瞬間、先んじて奴の槌がこちらの剣を穿つ

体勢を崩すも即座に立て直し、続く攻撃を行うも、またもや先んじて剣に槌が穿たれる