まどマギ パチスロ

まどマギ パチスロ

しかし、耳元で囁く声の温度は、ぞくりとする程に低い

「巻き込まれると、もうこちらの時間に帰れなくなる

あなたも好きかも:パチンコ 突破型
ネア、君は無用心だね」身体を捻ってその目を覗けば、滲むような水紺の瞳に散らばった白銀と菫色の斑点が鈍く光った

死ぬその間際まで、覗き込んでいたいような美貌の残酷さに、ふっと胸の奥が震える

こんな夜明けの森にネアが一人で出かけていったのだから当然かもしれないが、この魔物は現在、たいそう不機嫌であるようだ

「こんなものがあるとは知りませんでした

ですが、私が探しに来た失せものの木は、一人で向かわないと、果実を収穫出来ないそうなのです」「………その為に一人で森に入ったのだね

あなたも好きかも:スロット 勝てない 6号機
…………それで?君は何が欲しいんだい?」微笑みの滲む柔らかな声だけれど、触れただけで切れてしまいそうだ

この魔物には色々な側面があるけれど、今夜はひたすらに魔物らしい酷薄さである

「私は、君に何でもあげると言ったよね?それでは不満かい?」抱き込む腕の力が少し強くなって、背中がぴったりと背後のディノの体に寄り添う

あなたも好きかも:新所沢駅 パチンコ
暖かいと感じる温度ではなく、まるで空気のように思え、ネアはなぜかそれが悲しかった

ああ、この背後にいるものは魔物なのだなぁと静かに実感し、異なる立場で歩み寄った二人の距離が、少しだけ離れてしまったような気がしたのだ

「とても大事なものを失くしたので、取り戻したかったんです」「こんな風に夜中過ぎにこっそり抜け出すくらい?」「はい

ディノには内緒にしたかったんです」「そう」短く呟いて、ディノは深く微笑んだ

息を深く吐くように、とても鮮やかに

「そう、困ったご主人様だね」「指輪が、」「………指輪?」「指輪がなくなってしまいました