パチンコ 浦和ビクトリー

パチンコ 浦和ビクトリー

 右太ももの皮膚と肉を削がれたのだ

立っているだけでも酷く傷み、意識を苛んだ

止めどなく流れる血が装束を濡らし、足を重くしていくかのようだった

だが、致命的なものではない

あなたも好きかも:ぱちんこ ことぶき
まだまだ戦えるし、この程度の痛みで泣き言をいうほど、やわな人生を歩んできたつもりはない

 森の奥地に移動したのは、傷の深さを確かめるためだった

黒き矛を手にしたセツナの感知範囲がどれほどのものかは不明だが、かといってニーウェがセツナの位置を認識できない場所まで移動するのは論外だった

セツナに逃げられては意味がない

あなたも好きかも:スロット セレクターエラー
 立ち上がり、呼吸を整える

そのときには、足の痛みは意識の外へ追いやっていた

あなたも好きかも:パチンコ 海物語4ブラック
激痛による身体能力の低下も考える必要はない

召喚武装による補助を得ているいま、どうとでもなる

元より圧倒的に強化された身体能力は、常人には到底辿り着きようのない領域に足を踏み入れている

多少肉が削がれたくらいで動きが鈍るような程度の低さではやっていけないのだ

(さすがに、やる……) ニーウェは、セツナの咄嗟の反撃を思い返して、歯噛みした

おそらく彼は、以前の戦闘で背を斬られた経験から、常に背後に注意を向けていたに違いない

でなければ反撃などできるわけのない速度だった