パチスロ データカウンタ

パチスロ データカウンタ

「ゴードン翼将、ケルル翼将、どう思う?」 気の弱そうな、いかにも文官上がりといったふたりの翼将を前にして、ジナーヴィは目を細めた

 ゼオル庁舎内に設けた彼のための執務室

室内にいて、生きている人間は、ジナーヴィとフェイ=ヴリディア、そしてふたりの翼将だけだった

 ジナーヴィの足元には、いくつかの死体が転がっており、血の臭いを漂わせている

あなたも好きかも:パチンコ 機種名 一覧
彼の背後の椅子に座ったフェイの手に、血塗られた短刀が握られていた

「彼らは俺にザルカ討伐をやめろといってきたんだが、どういうことなんだろうな? 俺は国主の命令を断行するだけだ

あなたも好きかも:パチンコ 光が丘
スルークの兵力を吸収し、ガンディア軍に備えなくてはならん

ガンディア軍から逃げてきた貴様ならわかるだろう、ゴードン翼将」「はっ……」 うつむき、なにも言い返してこないゴードン=フェネックの態度に、ジナーヴィは満足した

部下は、こうでなくてはならない

上官の命令に従い、行動するだけでいいのだ

あなたも好きかも:ラーゼフォン スロット 中古
意思など持つ必要はない

考えるのはジナーヴィであり、ジナーヴィの手足と動くのが彼らの役目だ

「出撃準備をしておけ

それと、ザルカ翼将に降伏勧告をだしておけ

もう一度合流する機会を与えるのだ

逆賊を討つとはいえ、兵を損耗するのもつまらん」「はっ」 異口同音に敬礼して部屋を出て行く翼将の背を見送ると、ジナーヴィは、ゆっくりと後ろを振り返った

フェイ=ヴリディアが、退屈そうに短刀を弄んでいる