自衛隊かの地にて スロット

自衛隊かの地にて スロット

 それに促され教室に入ってくる男子生徒

 涼しげな目元と通った鼻筋

 女性的でありながら凛々しさをも併せ持つ端整な顔立ち

 ほっそり下あごのラインが特徴的で、ただこの手の容姿の人間に良くある嫌な笑みが無い

「簡単に自己紹介を」「……遠野秀邦と申します」 黒板に、チョークで達筆な文字を書いていく秀邦

あなたも好きかも:カジノ プロジェクト 攻略
 彼が正面へ向き直る時に前髪がそよぎ、綺麗になびく

あなたも好きかも:にんじゃがいでん スロット
 その動きを、声も出さず注視する女子生徒達

 異様な緊張感が、教室内を包み込む

「遠野君は飛び級で、この学校へやってきました

年齢は、皆さんより3つ年下ですね」 ここでようやくの反応

 地鳴りのような低い響き

 美形で年下

 しかも飛び級で入学してくるような秀才

 今のところ、彼を否定する要素は一切無い

 そんな彼をぼんやりと眺める美少女

  容姿としては秀邦に勝るとも劣らず、それに気品を加わえた感じ

 彼を見て教室内が恐慌に至らなかったのも、彼女で耐性が出来ていたのかも知れない

「何者、彼は」「飛び級の秀才だろ」 気のない返事をする大男

 意外に整った顔立ちだが、それを軽さと巨体が押し隠す