スロット 仮面ライダー 甘い

スロット 仮面ライダー 甘い

「チュートリアルってところかな?」 俺は、そうヒスイさんに問いかけてみた

『うむ、最初の修練である! 剣を握り、正しく振り下ろすところまでを本日の修練とする!』 あ、NPCは俺の声を拾うのね

参ったな、実況コメントがしにくいぞ

「少々お待ちを」 ヒスイさんはオプションを開くと、NPCとの会話の項目をいじった

「侍としての日常を過ごすことが今回の目的ではないので、NPCとの会話は必要ありませんよね? 訓練漬けにして、頑張って肉体操作に慣れましょうね」「ほどほどでお願いします……」 俺はこれから続く、ゲーム上の暦にして二十年間に渡る鍛錬の日々に戦慄を覚えながら、養父から木刀を受け取った

あなたも好きかも:盛岡 バカラ
 視界に表示されるガイドに従って、木刀を握る

あなたも好きかも:足利 パチンコ屋
ちなみに、俺は武術の経験は一切ない

この未来に来てからの三ヶ月間のVRゲーム生活が、唯一の身体を動かす武術らしき経験だ

だがそれも、斬る、突くなどの所定の動作を自動で行なってくれるシステムアシストありきのものだった

『剣を振るってみせよ』 言われるままに俺は、その場で木刀を振るった

へろへろとした上段からの振り降ろしだ

 そして俺の隣では、ヒスイさんが勢いよく木刀を振り下ろしていた