スロット まぎか

スロット まぎか

あなたも好きかも:パチンコ 232玉
「俺らにとって友人は足枷じゃねえ

むしろ、引退したとかぬかして、腑抜けになってるのを見りゃ、手出しできねえのは承知の上で、クソッタレと毒づきながら、こうして花楓と愚痴を言い合うくらいにゃあ、面倒な間柄だ」「待って

そういう人がいるかどうかはともかく、手出しができないって、なんで?」「そりゃお前、友人なら――手を貸せと、相手が言って来るまで、何もできねえよ

勝手に支えて? 路傍の石を退ける真似をしたンなら、そりゃもう友人じゃねえ

ただの侮辱で、保護だ

守りたいと思う相手は、友人じゃねえよ」「言葉は悪いけれど、確かにそうだね

私も少止も、お互いの背中を追いかけたり、横に並ぼうと足を進めたりはする

でも、前に出て邪魔をしないし、向いている方向も基本的には違う

あなたも好きかも:3 3 eyes パチンコ
ただ、たまにはこうして、向きを合わせるよう、逢うこともある」「なるほど――」 つまりと、つみれは人差し指を立てる

「単純(シンプル)

あるいは一人(シングル)かな」「へえ、いい表現じゃねえか

気にいったぜ」「つまり、円さんとは事情が違うから、あまり参考にはならないかもしれないね」「仲間――か、組織ってところか

せいぜいうまく使ってやるんだな」「え、いや、なんであたしが動かすこと前提で言ってんの……」「……花楓、説明」 ひらひらと手を振って視線を逸らす少止に、花楓は苦笑する

「疲れたから私に振るのもどうかと思うけれど、ただまあ、円さんたち三人、厳密には四人を知っている人間の大多数は、円さんが頭であると認識しているってことだよ」「なんで?」「そういう意図が読めるから、と答えておこうかな

こういう誤魔化しは少止の領分じゃないか」「お前がどう対応するかも、ちゃんと俺の経験になってんだよ

ンなこた、そのうちわかる

それよかイヅナ、どうしてんだ?」「あたしが出る時には、まだうちにいたよ」「んー……となると、裏の裏だな

悪い花楓、そろそろ出るわ

そろそろクソ師匠に挑んでくらあ」「うえ、んなことしてんの、少止さん」「んー? おー、そりゃま、俺は弟子だからな