ダンバイン パチンコ 熱い演出

ダンバイン パチンコ 熱い演出

余程腹に据えかねたのか、きちんと全員が浴室着を着用しており、心の安らぐ素敵な会だった

多分ここは、夢の続きの夢

悪夢が訪れているときには夢らしい夢を見ずにいたが、久し振りに見る心が揺れる美しい夢である

ざくざくと森を歩いてゆくと、一際立派な大きな木があり、ネアは目を丸くしてその見事な枝ぶりを見上げる

あなたも好きかも:パチスロ リング 設定判別
真っ白に雪化粧していると、それは美術品のような壮麗さであった

あなたも好きかも:スロット サクラ大戦 フリーズ
古の人々がそこに人知を超えたものを見たに違いないと想像させる、何とも神秘的な大木だ

そしてネアが見上げるその木の枝には、一人の妖精が腰掛けていた

(なんて長い髪なのかしら)長い長い髪を引きずり、憂鬱そうに本を読んでいる

髪は根元から鮮やかな南洋の青で始まり、毛先にいくにつれて白が混ざる

ミルクブルーのような柔らかな色彩が美しくて、いつまでも眺めていられそうなグラデーションにネアは陶然と見惚れた

大浴場で出会ったグレアムといい、もう充分に美しいものを見たと思ってもまた、新しく違う形の美しいものが現れる

あなたも好きかも:七夕 スロット 東京
この妖精の髪はそんなものの一つに加えても充分なくらいのとびきりのものだった

(…………六枚羽

この人はシーだわ)白を持つのだからさもあらんという感じだが、淡い銀色の羽は綺麗に六枚見えている

しゃりっと羽を広げて座る妖精は、まるでこの木の為の特別なオーナメントのよう