偽 物語 スロット 動画

偽 物語 スロット 動画

「よ、ようし、分かった!う、打って出るぞ!副司令官、準備を急がせろ!」

あなたも好きかも:dq8 カジノ 3ds
「――ッ!いい加減にしろよお前ら!」 痺れを切らせたアークリアルが叫ぶ

予想よりも少しばかり長く粘ってくれたもんだ

重畳、重畳

「急にどうした」「どうしたもあるか!いつまで仕掛けないつもりだ!?」「仕掛ける仕掛けないの話をするなら、最初から仕掛けてるに決まってるだろ」 アークリアルはこう思っている

イリアスがアークリアルの攻撃に対し、一切の反撃を行わないのは『俺』が機をうかがっているからだと

リティアルが強敵と認めた男が、自分の予想もつかない攻め方をしてくるのだと

 相手が並の相手なら、そんな作戦の一つでも考えるのだが相手が相手だ

ユグラと同等の戦闘の才能を持つアークリアルの強さは緋の魔王と互角以上

単純なスペックだけで言うなら『闘争』の力で肉体的な限界へと達した緋の魔王の方が高いだろうが、アークリアルにはそれを補うだけの能力がある

「はぁ!?何もしてないだろ!?」「それじゃあ少しばかり話を挟もうか

あなたも好きかも:パチンコ スターウォーズ 中古
別にお前なら聞きながらでも戦えるだろ?」「……っ」 アークリアルは口を挟むのを止めた

話を聞く気があると言うことだ

あわよくばこの会話に乗じてイリアスが仕掛けるのではとも考えているのだろうが、そんなことはさせるつもりはない

「アークリアル

お前さ、自分から攻めるのが下手だろ?」「んなっ!?」「別に驚くようなことでもないだろ

お前は『俺』が知る限りでも二度、敵を逃している

デュヴレオリとエクドイク達だ」 デュヴレオリから聞いたアークリアルとの戦いの話はこうだった