道場、カジノ

道場、カジノ

◯第7軍団砲兵 前進可能な中隊からベルダン街道上を東進し、マンス渓谷を渡って東岸上に砲列を敷き、退却する敵を砲撃

◯驃騎兵第9及び同第15連隊 グラヴロット付近からベルダン街道へ進み、騎兵第1師団同様、後退する仏軍を追撃

◯第27旅団 グラヴロット南西方で待機する旅団は、前進する砲兵援護のためオニオン森の林縁まで前進

 これを受け、ツァストロウ第7軍団長は自軍団砲兵部長パウル・フリードリヒ・フォン・ツィンマーマン少将に対し、「予備の3個中隊を含めた軍団の諸砲兵をグラヴロットの東郊外へ集合させ、ベルダン街道の南側で準備した後サン=テュベールの東側まで前進せよ」と命じるのでした

あなたも好きかも:バカラ ツール
 同じ頃

あなたも好きかも:パチンコ クリエ 評判
 グラヴロットの北側郊外で戦況を確認していた第8軍団長フォン・ゲーベン大将もまた、新たな部隊を前線へ送り出そうとしていました

 大将はマンス渓谷北部の戦いが遅々として進まず、勝敗の行方が混沌とし始めていることに苛立ちを覚え始めていたのです

 将軍はそもそも大本営の戦略を良く理解し、モルトケの深謀を推し量って行動していたはずでした

しかし「ヴェルネヴィルの砲声」に釣られて戦闘の口火を切り、(それが勘違いであったと気付いた後でも)最早戦闘を中止することが不可能となったからには、とことん戦い抜くしかなかったのです

 午後3時、ゲーベン大将は遠路戦場に到着したばかりの伯爵フォン・グナイゼナウ少将に対し「第31旅団を率いてマンス渓谷を越え、モスクワ農場に対する第15師団の戦闘を援助せよ」と命じたのです

 同時に大将は、第16師団砲兵隊(砲兵4個中隊)に対し「グラヴロットの北東へ進出し、第8軍団砲兵列南端の重砲第4中隊とベルダン街道の間に砲列を並べよ」と命じました

あなたも好きかも:オンラインゲーム mac mmo
 グナイゼナウ将軍は直ちにグラヴロット南西郊外に待機していた旅団に帰ると、まずは部隊を第8軍団砲兵列の直ぐ西(グラヴロット~モガドール間)に進ませました

その後命令に従って部隊は東進し、第29「ライン第3」連隊は3個大隊を密集させてベルダン街道上を行軍し、第69「ライン第7」連隊はベルダン街道の北を、大隊毎に大きな間隔を開けて縦列横隊となり、ジェミヴォー森内を東に進みました

 この時、第69連隊の左翼となったF大隊は「第30旅団が苦戦するマンス本渓谷と支谷の合流点に向かえ」との追加命令を受け、モガドールの家の東側から森に入って進みますが、この大隊の右翼側を進む第2大隊の2個中隊も、連隊長オスカー・ヴィルヘルム・アルフォンス・モーティマー・バイアー・フォン・カルガー大佐の命令でF大隊に加わり、残りの2個中隊は南へ進んで、当初の命令通りモスクワ農場方面へ進む第1大隊の後方に続行したのです

 こうしてサン=テュベールの家陥落後の午後3時から4時に掛け、グラヴロット周辺からベルダン街道を経てサン=テュベールに至る2キロ四方に満たない狭い地域には1個軍団に相当する諸部隊が集中することとなりました

 グラヴロット部落内では、既に衛生隊が包帯所を設けていましたが、モガドールの野戦病院が焼け落ちたために急遽野戦病院も開設されました

これも前線より途切れなく負傷兵が運び込まれ、あっという間に満杯となってしまったのです

 また、工兵たちは部落の各所に緊急の防御工事を施し、多くの目立つ家屋に銃撃拠点を設けました