ワルプルギスの夜 パチンコ 仕組み

ワルプルギスの夜 パチンコ 仕組み

結構なスピードもあったので、思わずピーンが声を出して少しだけ体勢を崩して驚きの声をあげる

すると"ビネガー家での珍しい風景"――領主邸に仕える年若いメイド達が、中庭に通じる扉を競って覗き込む様子――は、領主邸の"主"と主に忠実過ぎる執事がいることを見たことで、正しく蜘蛛の子を散らすように、メイド達は慌てて持ち場に戻った事で終わってしまった

『あたた、しかし、いつも領主邸に勤めている事で御澄ましさんが多いのに、中庭に挙(こぞ)って集まってどうしたんだ?』背中を擦りながら、不思議そうに呟いてから、後ろから何も反応がないので心配になって呼び掛ける

あなたも好きかも:パチンコ 初代 ロードスター
『ロック、大丈夫か?

その、結構な勢いで私の背中に激突をしたみたいだが?』ピーンが器用に首を捻って振り返ると、ロックはキュッと眉間にシワを寄せて目を閉じて鼻を押さえて俯いていた

どうやら、鼻を強く打ち付けてしまった様だった

あなたも好きかも:パチンコ 2 万 負け
『ロック、本当に大丈夫か?』首だけを振り返っていたのを、身体全体で振り返って正面から執事と向き合う

『あれだ、ちょっと見せてみろ』鼻を押さえるロックの右手首をグイと掴むと、執事も器用に手首を捻って(これもピーンから仕込まれた体術の1つで)、捕まれた手首から主の手を外し、掌をみせた

あなたも好きかも:スロット ビンゴ リバース
『大丈夫です、―――申し訳ありません、旦那様』『どうしてロックがあ謝るんだ

急に止まっているのも申し訳なかったが、イタズラの延長でこんなことになってしまって、本当にすまない』"イタズラはしても人は決し傷つけない"という信念を持っているピーンは至極申し訳なそうに、白髪の頭の後頭をボリボリと掻いてから素直に執事に謝った

この言葉に、執事はまだ眉間にシワを刻みながらも口の端を上げた

『大丈夫ですよ、旦那様』執事の優しい声に、チクリと賢者の胸が痛む