ぱちんこ 北斗の拳 スペック

ぱちんこ 北斗の拳 スペック

(私も強者の方へ向かえば良かったか? ……しかし、ライたちなら余裕だろうから私は要らないな……) エマが考えている事、それは生物兵器達を相手にしていたが本当にそれで良かったのかという事

 実際、エマがライたちの邪魔になりそうな生物兵器を倒していたのは役に立っていたのだが、本人はその場にいない為よく分からないのだろう

『『『…………』』』 そんな事を考えているうちにも更に再生する生物兵器

「はあ……」 生物兵器達は相変わらず拳一振りで街を破壊出来る程の強さを持っているが、やはりエマにとっては弱いので面倒臭さが勝っているのだ

あなたも好きかも:シンフォギア パチンコ 絶唱
『『『…………!!』』』 形を再構成した生物兵器、その者達がエマに向かって飛び掛かろうとしていた──「オラァ!!」 ──その前に、上空から何かが高速でやって来てそれら全てを粉々に粉砕した

 その衝撃で辺りには深いクレーターが造り出され、粉塵を巻き上げる

「ライか

どうやらレヴィアタンの方は片付いたみたいだな……」「ああ、まあけど……まだほんのりと違和感があるけどなぁ……」 上空からやって来た者──ライ

 レヴィアタンを倒し終えたライは取り敢えず適当に移動しながらエマたちを探していた

あなたも好きかも:スロット 黄門ちゃま 打ち方
 そしてエマを見つけ、手助けも兼ねて生物兵器を文字通り土に還したという事だ

あなたも好きかも:パチンコ 北斗 百 裂
「邪魔だったか? 面倒臭そうな顔をしていたけどそれなりに楽そうな表情でもあったが……」 クレーターから跳躍し、手助けをしたつもりのライはエマに尋ねる

 戦いの間に入られるのを嫌う者も少なくない

エマは違うだろうが、一応念の為に尋ねたのだ

「……いや、問題無いさ

実際、ただ面倒なだけだったからな」 そんなライの質問にフッと笑って返すエマ