北柏 パチンコ

北柏 パチンコ

あなたも好きかも:パチンコ 明治神宮前
その視界に、己の主の姿が見えたのだ

興奮せざるを得なかった

「とんでもないものを仕込んでいましたね」「相変わらず見事……としか言いようがありません」『はっはっは

放置してたものが、ここで役に立つとは思わなかったよ』 魔物の群れより少しだけ離れた丘に武装した人間たちの集団が立っていた

あなたも好きかも:スロット 設定変更 リセット 違い
その先頭にいるのはカザネ魔法温泉街の警護団を率いるキンバリーとミンシアナ騎士団を率いたサキューレ、またそれらを従えた風音であった

『ふっふーん

選り取り見取りだね

これは』 そう口にする風音は今はハンマーくんに乗っており、そのハンマーくんは口が開いて中からガトリング砲らしき砲身を突き出していた

それは親方をビックリさせようと仕込んでいた秘密兵器であった

あなたも好きかも:ソニー ゲーム機 携帯
 それから風音が戦場を見ながら首を傾げる

『けど、今グリグリしゃべってたような……』「ぐ、グルゥゥウウ」『む、気のせいか』 鳴き声は少し震えていたが、風音は無事気のせいと判断したようである

危なかった

>圏外です

「しかし、それ

その筒全部からまとめて弾が出るわけじゃあないんですね」 風音の後ろからキンバリーのそんな言葉が聞こえてくる

そして、キンバリーが見ているのはハンマーくんの口から出ている轟神砲(ガトリング)であった

 全体的に分厚い装甲で覆われているハンマーくんから出ているその異様な武装は、たった今地中から出ていた木の根の魔物を薙ぎ払うように破壊していった

もっとも無数の筒が存在しているにも関わらず、弾丸を発射しているのは常にひとつの筒だったのがキンバリーには気になっていたのだ

それに風音が『私も昔そう思ってたんだけどね』と返した