アルゼ スロット 4号機

アルゼ スロット 4号機

 それでも、起死回生の一撃になることは間違いないわけだが、アーバストは対個人に対してこの術を今回が初めてであった

 おかしい、しばらく経ってそうアーバストは思った

 通常焼き尽くす相手がいなくなったら、鳳凰は役目を終えて昇華するはずだからだ

 ところが、女に向けて解き放った鳳凰の炎は消える気配が一向になく、激しく燃え盛っている

 すると、一瞬だったがアーバストは炎の中に人影を見た

あなたも好きかも:パチンコ 桶川 バイト
(まさか!?) 冷や汗なのか、炎による汗なのか、自分でもよくわからない汗をかいた

「あははは、冗談きついですね」「冗談? 我は冗談というのが苦手だが」 炎の中をゆっくりと平然とした足取りで、アーバストに向かって進んでいくティスティ

 そこには本来ならすでに昇華したはずの鳳凰がティスティの右腕に止まっており、炎の色が強い黄みがかった朱色から深紅色へと変化していく

「我の敵としては役不足――だが、この星の人間も捨てたものではないな

良いものをみせてもらったお礼だ

あなたも好きかも:パチスロ 規制 2019
冥途の土産に持っていくがよい」 ティスティは先ほどのアーバストと同様の要領で、鳳凰を解き放った

 深紅の炎に包まれたアーバストは、消えゆく意識の中で満足そうな顔をしてこう思った

あなたも好きかも:快活クラブ オープンシート オンラインゲーム
『最期は自分の技で焼かれて逝くのも悪くはない』 と