花の慶次 パチンコ 歌 男

花の慶次 パチンコ 歌 男

抵抗軍の天兵部隊を増員すれば、大陸全土を東帝国の色で染め直すことも不可能ではない

 そう、考えていた矢先だ

それが、敵は、このサーファジュールの遙か上空より舞い降りてきたようでして」「なに? なにをいっている?」「ですから、上空からの強襲である、と、申し上げているのですが」 部下は、抵抗軍頭目であるゼネルファーに対しても決して臆することなく、強い口調で告げてくる

あなたも好きかも:シンフォギア パチンコ リーチ
若い男だ

あなたも好きかも:パチンコ 家庭用
優秀であるが故にゼネルファーの側近に取り立てられた彼は、その昇進の速度によって己の実力を理解し、自分に絶対の自信を持つようになっていた

ゼネルファーに対しても物怖じしないというのは、希有な才能といってもいいだろう

場合によってゼネルファーの神経を逆撫でにすることも少なくはないが、しかし、どういった状況でも沈着冷静に対応することのできる彼の無神経ぶりは、ゼネルファーのような感情に左右されがちな人間にはありがたい存在といえた

「……わかった

敵は上空から強襲してきたというのだな? 天兵の警戒範囲外の上空から!」「は」「……であらば敵は武装召喚師以外にはあるまい

数は?」「北に一名、西、東に三名ずつ、南に一名の合計八名だけだそうです」「なんだと?」 ゼネルファーは、目を丸くした

あまりに信じられない報告だったからだ

「ふ……ふはは……西帝国の連中め、東西決戦に勝利して気でも狂いおったか

たった八名だと? たった八名で我が鉄壁の布陣を突破できるわけがなかろう

天兵どもの餌食になるだけのことよな」「は……」 側近は、笑わない

いつも通りの無表情でこちらを見ている

その無表情ぶりは、感情のかけらも見当たらないほどに不気味だが、同時に彼の端正な顔立ちを引き立たせるものでもあった