伊勢崎 パチンコ屋

伊勢崎 パチンコ屋

お祖父様も」 立ち上がる彼の腕を押さえ、視線を父親へと向ける月映

「何だ」「今の当主はお父様なのですから、一言お願いします」「お前という奴は

……老いては子に従えだそうです

あなたも好きかも:神谷玲子 パチスロ
父さん」「勝手にしろ」 言葉とは逆に、上から下へと流れていく意志

 ややぎこちない空気ながら、他の者も席へと付く

あなたも好きかも:スロット 3万負けた
 控えめなBGMと、軽い会話

 テーブルには豪華な食事と、高級な洋酒が幾つも並ぶ

あなたも好きかも:スロット 色押し
 だが大人達の空気を感じ取ってか、子供達もそれ程箸は進まない

「お前が出ていってから、何年になる」「戦争が終わってすぐだから、4年、5年か?とにかく、そんなくらいさ」「そうか」 静かにグラスを傾ける父

 瞬は肩をすくめ、大振りのロブスターを手づかみで食べ出した

「女房子供はここにも来るんだし、問題もないだろ

さてと、少し酔い覚ましでもするかな」 広い邸宅内を歩いていく瞬

  スーツの上着はなく、ネクタイもかなり緩められている

 酔ったという言葉とは裏腹な、正確で規則正しい足運び

  やがて彼は、静まりかえった道場へと現れた

       照明はなく、高い位置にある窓からのわずかな光が青いマットを照らしている

「多少は綺麗にしたのか」 床の感触を確かめつつ、周りを見渡していく