バー カジノ

バー カジノ

そのまま、潜り込むように顔を沈めて触れる程度のキスをすると、見上げる優樹の背後に回って車椅子のロックを解除する

「さ、部屋に戻ったら優樹の趣味に驚かせてもらうよ」「……どういう意味?」 怪訝に振り返るが、反町は笑顔で車椅子を押した

あなたも好きかも:ダビスタ パチンコ
「呼び出して悪ぃな」「ううん、いいよ」 日が暮れて面会時間も終わった頃、反町は白川と別れた足で立花家を訪れた

日中、【優樹には秘密で来てくれ】と立花からメールをもらった

優樹に関することだろうとはわかったが、話題の内容まではわからない

あなたも好きかも:スロット 爆サイ
 自室に通され、コートを脱いで勧められるままローテーブルの向かい側に腰を下ろした反町に入れ立てのコーヒーを差し出した立花は、流していた音楽の音量を下げて深く息を漏らした

「……優樹は? 調子はどうなんだ?」「悪くはないよ

ただ、どうしてもまだ産みたくないってネバってるけどね」 鞄の中から携帯電話とスマートフォンを取り出してテーブルに置き、冷えた体を温めるようにコーヒーカップへ手を運ぶと対面の立花に首を傾げた

「で? 優樹のことで何か? どうした?」 早速問われ、立花は「ん?」とテーブルに落としていた目を上げて苦笑した

「大したことじゃねぇんだ

あなたも好きかも:パチンコ 海 沖縄
……昼に武田から連絡があってよ」「ああ、来てくれたよ

長居はしなかったけど」 カップを上げて口に運ぶ反町に立花は申し訳ない笑みで肩を落とした

「用事があったみたいだからな

……なんか、かなり、優樹が子どもを産むのを嫌がってるって聞いた」「まあね」 反町はため息混じりにカップを置いて、腰の後ろで絨毯に手を付いて両腕に体重を掛けた